とりあえず蒼い

就活に失敗した新卒ニートaoiのブログ

このブログは読者第一主義ではいられない

f:id:takamiaoi:20170803164228p:plain

こんにちは。

朝からトイレをピッカピカに掃除できて心底満足している「とりあえず蒼い」の管理人aoi(@aoi_hatena)です。

 

 

以前こんな記事を書いた

このブログの方向性に悩んでます - とりあえず蒼い

 

読むの面倒だと思うから、この時の最終意思決定として

・僕の頭に浮かんだ空想や所感は僕が書きたいように書く

・就活系記事やレビュー記事は読者目線を意識して書く

 

と言って締めくくった。

 

これを書いて数日経った今、新たに心境の変化があったから書いていく。

以前の記事中に引用させていただいたこの記事 ↓

読者第一のブログ運営が蔓延し過ぎて当たり前になっている件について話してみる - ゆとり男とミニマリストの融合ブログ

 

に感化され、自分第一で書いていこうと決めた。

 

今まで俺が書いてきた記事には、伝わらないかもしれないが結構読者のことを意識したものが何点もある。

 

正直な話、そこをずっと考えていると記事を書く手が止まってしまうことが何度もあったし、途中まで書いて「後はまた今度書けばいいわ」とか言って結局全然書く気も起きなかったりした経験がある。

 

今まで見てきたブログはすべて「読者目線」を徹底していたすばらしいものばかりだったが故に、いつの間にか俺も「読者目線」に無意識のうちにこだわっていたのかもしれない。

 

見てきたブログのほとんどはいわゆるノウハウだったりレビュー記事だったりするものばかりだった。

 

これらは「自分第一」で発信したところで何の効果もないだろうし、知ってほしい情報だからこそ「読者目線」で書かれていたんだ。

(じゃないとノウハウの意味もレビューの意味もないから考えたら当たり前なんだけど)

 

そして彼らのようなノウハウやレビューを書けるのは、彼らにその分野に特化した知識や経験があるから。

 

その知識や経験があるからこそ、彼らの発信する情報には価値があるし、意味もある。

 

それに比べて俺はどうか??

何も特化した知識や経験なんてない。ゼロ。何も知らないただのバカだ。

興味関心は多くのものに向くけど、専門的知識なんて持ち合わせていない。

俺は知識経験に関しては「広く浅く」のタイプだ。

 

そんな俺が読者目線を意識して発信した情報なんてかけらも価値がないし、たぶんそんな記事を読んでる人間も

なに言ってやがんだコイツ

と思うに違いない。

(そもそも読まれてないだろう)

 

そう考えたとき、なおさら俺の記事に「読者目線」なんてものは必要ないだろう。

 

俺はいつの間にか多くの情報に支配されていて、いつの間にか自分のブログの形を見失ってたんだろう。

 

今後の方針

何も知らない、何も持ってない無知極まりない俺だ。

自分勝手にやったって誰も文句は言わんだろう。

 

つかそもそも読んでる人なんてほとんどいないんだからやりたいようにやろう。

 

現実の俺が自分勝手でバカなように、aoiももうちょっと勝手にやってもいいんじゃないの?

 

とゆーわけで、今後このブログはもっと勝手で至極どーでもい記事を量産していくんでよろしくね。

 

 

ではまた。

バイ。