とりあえず蒼い

就活に失敗した新卒ニートaoiのブログ

「自分の将来の姿(将来の夢)が見えないことが悪」みたいな風習はスルーする

f:id:takamiaoi:20171111122133j:plain

こんにちは。

とりあえず蒼い」の管理人のaoi(@aoi_hatena)です。

 

 

ろくに就職もせずにのうのうと生きている僕ですが、去年の就活時から感じていることがありまして。

 

今日は思い付きでちょろっとそのことについて書いていこうかと思います。

 

僕の年(2017卒)で就活一斉スタートをしたのが3月。

 

なんの準備もしていなかった僕はいきなりヨーイドンで3月から就活を始めました。

 

自己分析やらSPIやら必要な要素はたくさんありましたが「んなもんいるかっ!!」と反骨精神旺盛な僕はその全部を鼻で笑って我が物顔で就活を進んでいきました。

 

僕のしょーもない就活記事です。鼻で笑ってください。

www.aoino-heya.net

 

そんな就活を続けた結果、いくつかの中小企業から内定をもらうことはできたんですが、なにを思ったか「ベンチャーインターンやるわ」とか言い出してしまう始末。

自分でも意味がわからないですね。

 

そんなこんなで内定を蹴っ飛ばしインターンを始め、無事就活失敗と相成りました。

自分でも意味がわからないですね。

 

とまぁこんなかんじで中小~ベンチャー界隈に向けて就活をしていたわけなんですが、企業やその規模によってそこに集まる人間の質って全然違うんだなぁと感じたんです。

 

恥ずかしい話ですが、僕は大学生活の中で他大学の人と関わることがほとんどなかったんです。

イベントサークルや交流会とか、探せばいくらでも関わる機会があったのにも関わらず、です。

 

おかげで僕の"大学生"に対する価値観は自分がいる大学生が全て基盤になっていました。

 

「とりあえず就職」でいいいのか??

そんな僕が就活を始めたことがきっかけで、今まで関わったことのなかった他大学の学生と関わる機会になりました。

 

ただ、中小を見て回る学生に"企業選びの軸"についての話を聞いてみても「この企業でなきゃいけない理由とかこれといった理由はない」といった回答が多かった。

 

ちなみに僕がいた大学の同級生たちも彼らと同じように「特に決まってない」という回答が圧倒的に多く「とりあえず就職」という考え方ばかりでした。

 

僕自身も当時は同じように「とりあえず就職」と考えて就活をしていました。

 

そうしているうちに何故か内定は手に入り、あとは首を縦に振るだけの状況に。

 

ここで自分勝手さが前に出てきて「別にやりたいことでもないしやめとくか」となったわけです。

 

間違った選択だなぁと思う反面、いい判断だとも思いました。

 

この決断のおかげで僕はベンチャーという未知の領域に足を踏み入れることができました。

 

将来を見据えたベンチャースピリットを持つ学生集団

あるベンチャーでのインターンを始め、そこに集まるメンバーに話を聞いてみると、

自分はこれが夢で自分は将来こーゆーことがしたい!そのために必要なスキルはこれで、そのスキルを身に着けるための会社を選んだ!!」という熱意を持った人ばかりだったんです。

 

今まで触れたことのないその考え方にえらく驚いたのを覚えてます。

 

「とりあえず就職」という価値観しか持ってなかった僕には斬新でなにより自分の未来を見据えていてスゲェ!!と感嘆としてました。

 

自分の将来を考えてみたけど

僕は彼らのその考えに憧れてすぐさま「自分が将来どうなっていたいか(将来の夢)」ということについて考えてみました。

 

金持ちなりたい??有名になりたい??社内で高いポジションに就いていたい??

そんなことをずっと考えてみました。

 

 

ところがどっこい、僕には自分が将来何がしたいかなんて全く考え付かなかったんですね

 

 

ちなみにこの記事を書いている今も同じく全く考え付きませんwww

 

 

インターンをしている当時にいた周りのメンバーは全員「自分の将来の姿」がハッキリとしていて、そのために必要な要素をロジックで組み立てられていました。

 

それ故に就職活動の軸は「必要なスキルを得られる場所」と決まってくるわけです。

 

そういった思いがない僕はなるほどなぁと感心しますし、同い年で既に将来を決めててスゴイと本気で思ってました。

なんならうらやましいくらいです。

 

どうやったら自分の将来を決めることができるのか??

なにを経験したら将来を決められるのか??

なにがそこまで自分を動かすのか??

 

持たざる者の僕は不思議で仕方ないです。

 

 

就活の時、面接官は決まったように「将来の夢はなに??」「将来どうしていたい??」「うちに来てどうしたい??」と質問してきます。

 

この質問、ほんと困るんですよねぇ。

 

 

だって僕には将来の自分なんてまるで見えちゃいないのに。

 

 

そんな僕が何を語れように。

 

確かに将来を見据えて行動することはとても大事だと思うし、なにより計画的な人間は評価できるし、計画的な人間が組織のなかでも重宝されるとは思います。

 

「自分の将来の姿(将来の夢)」が決まってるってそんな大事なことか??

将来の自分が決まってるってそんな大事なことかなぁと疑問に思います。

 

別にそんな大層なものなくても生きていけるし、この先世の中がどう転じるかわからない世界なのに一本の道ばかり見てて大丈夫なのかと不安になります。

 

そんなときに見つけたこの記事。

sakagami3.com

 

しかし現実ではセットアップの条件が揃ってないにも関わらず、「今の若者は夢がないなんてダメだ」なんて言われたり、たくさんの自己啓発本やメディアに一方的に背中を押されたりして、これって実はかなり暴力的なことなんじゃないか。

こうして「僕は私は夢がないから見つけないといけない」と夢探しに翻弄される。

そんな夢は夢じゃない。

 

自分が今本当にそれがやりたくて仕方がなくて、そういう感情が呼び起こす肚の底から湧き上がってくるものこそがその人にとってやるべきことだし、夢になりうるものだと思う。

 

僕も筆者のさかがみさんの意見に激しく同意です。

 

インターン時に当時の仲間の考えに触れ、面接官に何度も聞かれて苦しんだ「自分の将来の姿(将来の夢)」。

 

 

未だに見えていないのは、きっと僕はまだ心の底からやりたいと思えることに出会えていないからなんだと思った。

 

 

「見つけなきゃいけない!!」なんて焦りながら見つけたものなんて心の底からやりたいことじゃないし、始めたところで続かないのは目に見えてる。

 

今の僕の状態も全く同じで、頑張って見つけようとしている。

悲しいことに僕の場合は焦ってる今でも見つけられていないんだけどwww

 

最終的になにが言いたいかと言うと・・・

僕のように「本気でやりたいと思えるコト」に出会えていない人の方が大多数を占めると思う。

だから必死で探そうとしている。

 

 

でも、実は必死に探す必要はなくて、この先長い人生の節目節目できっと「本気でやりたいと思えるコト」出会うことはできるはずだから、変に肩肘張らずのらりくらりで探せばいいんだと思う。

 

 

焦って探していた、とはいえ僕は新卒ニートの身分だからあんま大きい声で言えることじゃないんだけどwww

 

「本気でやりたいと思えるコト」に出会うためにいつでもアンテナを張っておく必要はあるけど、それも「おっ、コレいいじゃーん」くらいの軽いノリで手に取ってみるくらいのスタンスで行こう。

 

軽薄な人間の僕にはこのスタンスが一番合ってる。

 

 

だから就活とか未来に苦しんでるそのへんの人々よ、「本気でやりたいと思えること」なんてそのうち見つかるから、見つけようとすることに頑張るな。

 

 

・・・と新卒ニートが現場からお伝えしました。

 

 

あ、以上です。

ではでは。